ペニス増大法を解説

ペニスのサイズは男性にとって凄く重要なことです。女性の胸の大きさと同じようにずっと気になっています。ペニスが短小か、もっと大きく、長くしたいなどと思っている男性は少なくありません。ではどうやって大きく、長くさせるのでしょうか。

ペニスを大きくすることは実際に可能ですが、そのメカニズムを知って置いたら自分に相応しいペニス増大方法を選んでほうがいいです。以下で詳しく解説していきます。ペニスが大きくなることには、大きく分けて3つの要素が絡んでいます。それは「細胞増加」「細胞増大」「血流増加」です。それぞれを詳しく見ていきましょう。

ペニスの大部分は、海綿体と呼ばれるスポンジ状の組織によって形成されています。通常は血流がコントロールされているため柔らかい状態を保っていますが、性的な興奮状態に入ると血流が飛躍的に向上し、ペニスが増大することにより、勃起状態となります。

この海綿体も他の体の組織と同様に、無数の細胞によって構成されています。この細胞の絶対数を増加させることでペニスを増大させることが可能になります。細胞増加は、基本的に細胞分裂によってできます。つまり、細胞を増加させるためには、成長ホルモンの分泌を促進させる栄養素を摂るなどのアプローチが必要となります。