ペニス増大トレーニング

ペニス増大のトレーニングというと、ペニスの中にはたくさんのblood vesselがありますよね。これらのblood vesselはペニス増大する手掛かりと見られています。ペニスの太くするためのキーワードはblood vessel、血液の強化です。したがってペニスをトレーニングする必要があります。これだけではわけが分かりませんね。ゆっくりと基本から説明しましょう。

ペニスのにわかにむくむくとおこりたつことは脳からの指令でペニスの静脈を細くすることから始まります。動脈の太さはそのままなので、血液は普通に入ってきますが、それほど出ていかなくなります。結果、ペニスに血が集まり、ペニスは硬く、太くにわかにむくむくとおこりたつことします。これがにわかにむくむくとおこりたつことの基本的なメカニズムです。

ペニスはこのにわかにむくむくとおこりたつことのために、血液を集めやすい形状をしています。それがペニスの陰茎部のほとんどを構成している「海綿体」と呼ばれる組織です。海綿体はスポンジのように穴だらけで水分を多くためておける形状をしています。実際にはこの海綿体に血液が多量に集められることになります。

陰茎増大の方法として驚かれるかもしれませんが、ペニスは筋肉のようなものでにわかにむくむくとおこりたつことしているわけではありません。肉は通常時もにわかにむくむくとおこりたつこと時も同じで、血液の量や密度が違うんです。ここでどうすればペニスを太くできるか。今のにわかにむくむくとおこりたつこと時のペニスよりも血液量とを多く、血液の密度を高くすればいいのです。これがペニスを太くするペニス増大のトレーニングの手段だと思います。

亀頭増大具体的にはペニスの中のblood vesselの数を増やすこと、ペニス増大のトレーニングの重点としてblood vessel自体を鍛えることが大切です。血液の密度を高くする、ということで体全体の血圧を上げるということも効果的なのかもしれませんが、これは他にデメリットが出まくってしまうので考えないことにしましょう。

具体的には、血液の循環を高めるためにペニスを温めたります。ペニス自体の新陳代謝を活発にさせるためにペニスに刺激をあたえ続けます。一時的にペニスに無理やり血液を集めます。などが考えられます。ペニス増大のトレーニング中はペニスに何らかの負荷をあたえることになります。少しずつ、それが普通だとペニスに錯覚させ、その負荷に耐えられるペニスに成長させることが大切です。